Copen

Finger Message

道でスレ違うときにはこの指サイン!
 [To Top]  [To Menu]
  
■ Copenに乗ってるときも乗ってないときも
  道でスレ違うときはこのサイン!

Copenに乗って走っていると「おおっ、向こうからもCopenが!」。
道端を歩いていると「ややっ、Copenが来た来た!」。そんなとき
お互いサインを投げあって気持ちを通わせることができれば
とってもステキ!というワケで、指サインつくっちゃいました。

あのねあのね、実にイターイ企画であることは、私もじゅうじゅう
承知しとります(-∀-;) これはそのイタさを知りつつも、
それを乗り越え、あくまでシャレで・・・というスタンスで
ございマスですヨ。ハズかしいので「あのサイトでこんなサイン
決めてた」って、決してほかで言っちゃダメだヨ!お願いヨ!


■Copenを見かけたら、コレでバッチリキメよう!



人差し指と親指でL字をつくって、スイングだ!
運転中なら右手をステアリングから離し、歩行中なら右手を
ポケットから抜いて、人差し指と親指でL字をつくろう
「L」は「Love」の「L」ね。人差し指を軽く曲げると「Copen」の
「C」にもなるネ。そしてその手を耳元に近づけてスゥィング!
これが推奨のパターンだ。ライトな笑顔といっしょにネ。
笑顔がないとコワイぞ。それから人差し指を相手に向けると
物騒だからご用心。一旦顔の前を通過させて右に出すと
「箱根八里の半次郎」だ。シャイな方は、おでこのところで
ピッとキメるとかでもチャーミング。ウヒャ、やってみたいナ♪
もし両手でキメてるヤツを見かけたら、それは明らかに私だ!

しかし出会いは突然。急激な感情の高ぶりが手首にこもり、
スイングが激しくなってしまうことも。このパターンは、そう、
元祖・Copenistサインだが、意外な弱点があった。
なんと中近東では、たとえば信号が青になっても発進しない
前のクルマにクラクションで注意した時、前のクルマが
「なんや」という感じで不服付き疑問を投げかけるような時に
使われるサインなのだそう。このサインが実在することにも
驚くが、ネガティブな意味を持つことにも驚きだ。なので
一応よしとしつつも、お相手をよく見定めて行うことが肝要だ。
このサインがもとで紛争に巻き込まれては、あまりに
しのびない。情報をいただいたousaytさんには感謝・感謝。
■コレはイタダケないゾ!のNG集
復習!広げるのは人差し指と親指だゾ!
まちがったサインだと、まちがった意味に伝わっちゃう。
普段から練習をしておくと、とっさの場合でもキチンと対応
できてグッドだ。ついまちがってやってしまいそうなのが
左の写真。親指と小指だけを広げ、あとの指を握る格好。
TV-CMでおなじみの、あのアメリカン〇ームダイレクトの
パターン。すっかり潜在記憶に刷り込まれてるだけに、
気を引き締めておかないと無意識にやってしまいがちだ。
お相手から「私もアメリカン〇ームダイレクト!」と好意的な
リアクションがもらえればよいが、それは稀の稀。
「保険もう入ってるゼ!」とか「ウチは東〇海上だ!」と
路上突っ込みを入れられるのは必至なので注意が必要だ。

こうではないゾ!こうではないゾ!
人差し指と親指を広げるのはいい。しかしそこで薬指まで
広げてしまうと、それは「グワシ!!」だ。
せっかく爽快なオープンエアクルーズをお楽しみの仲間を
えもいえぬ負のパワーで圧倒するのは考えもの。
しかしこのスタイル、筋肉への負担が大きいゆえ
そうカンタンにできるものではないけれど。。。

そしてもうひとつ。親指、人差し指、そして中指のパターン。
昔々、理科で習ったフレミングの法則。見覚えあれど
意味は忘却の彼方。こんなので人を悩ませてもいけません。