Copen

Catalog Gallery

Copenのカタログをはじめセールスプロモーションツールを順次紹介していきます
 [To Top]  [To Menu]  [次のページ]
Copen本カタログ

クォリティの高い写真、端正なデザインとともに、 Copenの魅力をあまねく紹介。 純正アクセサリーカタログも兼ねた 全42ページのカタログ。


Copen簡略カタログ

Copenの魅力を簡潔にダイジェストして伝えてくれる 全8ページの簡略版カタログ。


Copen CD-ROMカタログ

Copenの魅力を映像で紹介した特製CD-ROMカタログ。 ダイハツウェブサイトを通じて限定15,000名に配布。 カタログムービー+壁紙+スクリーンセーバーなど収録。


Copenダイレクトメール

Copenの誕生を上質な写真とともに 簡潔に伝える封書入りの 3つ折り専用ダイレクトメール。


Copen本カタログ-2

2003年2月に改訂されたCopen本カタログ。 表紙に「グッドデザイン金賞受賞」、 「日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカー選定」、 「日本カーオブザイヤー6ベストカー選定」、 3つのアワード受賞をアピールするロゴが 印刷されているほか、巻末においては 「寒冷地仕様車」についての記載が 新たに盛り込まれています。


Copen本カタログ-3

Copen本カタログ・2003年7月 改訂分。04年に向けての 新魅力として イエロー×ブラック、 レッド×ブラック、 ツートーンの布シート、 「カラーオーダーシート」の 内容が追加されています。


↑クリックで拡大表示

ファーストアニバーサリーエディション カタログ

2003年7月23日、 Copen誕生1周年記念として 発表された特別仕様車 「ファーストアニバーサリー エディション」のカタログ。 タンカラーのレザーシート、 MOMOステアリングを 装備した仕様。(4ページ)


↑クリックで拡大表示

セカンドアニバーサリーエディション カタログ

2004年6月2日、 Copen誕生2周年記念として 発表されたレカロシートを 装備した特別仕様車 「セカンドアニバーサリー エディション」のカタログ。 これを機に、ファースト アニバーサリーエディションは タンカラーエディションと名称を 変え、またスチールグレー メタリック、シャンパンメタリックが 全車に追加設定されています。(6ページ)


↑クリックで拡大表示

Copen1300オフィシャルカタログ(海外版)

2006年初頭より海外でリリースされたCopen・1300ccの英語版 オフィシャルカタログ。メインフォトのボディカラーは赤で、 シートには「RECARO」の文字も。エキスパートセンターの 紹介まで含め、魅力が端的に収められた12ページカタログ。


↑クリックで拡大表示

アルティメットエディション カタログ

2006年6月14日、Copen誕生4周年記念として発表された特別仕様車 「アルティメットエディション」のカタログ。「アルティメット」とは 「究極」の意味。スポーツフィールの極みをめざし、ビルシュタイン製 ショックアブソーバー、BBSアルミホイール、アルカンターラを採用した レカロシートなどの特別装備が奢られている。「タンレザーエディション」も ともに収録。(6ページ)


アルティメットエディションⅡメモリアル カタログ

2007年9月10日、ダイハツ創立100周年記念車として発表された 通算4台目となる特別仕様車「アルティメットエディションⅡメモリアル」。 前作「アルティメットエディション」に奢られた走行関連の一級ブランド品を 備えるうえに、専用フロントグリルや各種クリアパーツなどを装備して、 Copen誕生以来初めてエクステリアの印象を大幅に変えた。 2007年12月26日注文分までの車両にはシリアルナンバー プレートも装備。(6ページ)


Copen本カタログ-4

2009年9月、Copen誕生以来じつに7年目にして 初めて内容を一新された本カタログ。 メイングレードを新たに設定されたアルティメットレザーエディションに 改められ、走りのトップカットなどひと目で前作との違いがわかる構成に なっている。ただしボリュームは大きく圧縮され、 全18ページの仕立てとなっている。


↑クリックで拡大表示

10thアニバーサリーエディション カタログ

2012年4月2日、「2012年8月末Copen生産終了」という プレスリリースとともに、販売開始から10年間の 支持に対する感謝を込めて発表された最後の特別仕様車。 ブラックメッキのフロントグリルや本革製スポーツシートのほか 10thアニバーサリーロゴを配したスカッフプレートなどを特別に装備。 カタログは6ページの仕立てで、「夢を、ありがとう」のメッセージのもと 10年にわたる夢のクルマづくりへの想いをつづる。


↑クリックで拡大表示

[次のページへ→]